ホーム > 【忍者大解剖】忍具を大解剖! > 【忍者大解剖】武器を大解剖!

武器を大解剖!

忍者が携帯する武器は隠密指令を遂行するために必要なものばかり
おなじみの武器のほかにも思わず唸る忍者の知恵が巡らされた兵器までずらり。


手裏剣

手裏剣

忍者と言えばコレ。手の内に隠した剣の意味で、手を離れて敵を伐つ剣と書いて「手離剣」とも表記されます。
忍者が使う手裏剣には風車型手裏剣と棒手裏剣の2種類があり、風車型手裏剣は十字形の鉄板に刃がついていて、棒手裏剣は文字通り鉄の棒片を尖らせたものです。また、手裏剣の歯先に毒を塗って殺傷能力を高める使い方も。



忍刀

忍刀(しのびがたな)

忍者刀とも呼ぶ日本刀で、一般的な打刀よりも短め。反りは少なく、直刀です。鍔(つば)もやや大きめになっており、塀を乗り越える時に忍刀を鞘に入った状態で地面に立てて鍔に足をかけて台代わりにします。鞘には細い紐が付いていて、昇ったあとは紐を引っ張って刀を回収する役目があります。



撒菱

撒菱(まきびし)

逃げる忍者が地面に撒くことで追手の足に刺さり負傷する武器。元来は池沼に生える水草のヒシの実を乾かしたもので(図左)、どのように転がしておいても尖った面が上を向くようになっています。木や竹でできた軽量のものが多く、竹筒にいれて持ち運ぶのが普通です。



手甲鉤

手甲鉤(てっこうかぎ)

熊手のような形をしているこれは忍者の暗殺用の武器。利き手にはめて使います。格闘中に相手の攻撃を受ける防具としても使うほか、穴を掘ったりする用途もあります。



忍び鎌

忍び鎌

小型の鎌に鎖をつけた武器。農作業で使用される鎌は、武器だと認識されにくいため持ち歩いても不自然さがないのが利点。鎖は取り外しができ、装着時には鎖鎌として使用できます。



鎖鎌

鎖鎌

草刈り鎌に鎖分銅を取り付けた武器で、忍び鎌よりも大きめサイズ。鎌の柄を持って分銅部分を振りまわして敵に投げます。ただし一度投げると巻き戻さねばならないため、その隙に敵から攻撃されてしまう恐れがあり、かなりの熟練者でないと扱いが困難な武器です。



角指

角指(かくし)

角手(かくて)、万力(まんりき)とも呼ばれる武器で、忍者版のメリケンサック。指輪の形状をしていますが、指輪との違いは突起している方が手の内側になるように装着すること。角指を装備した状態で敵の腕や首を強く握ることで突起が刺さり、ダメージを与えます。



捕火方

捕火方(とりびほう)

筒の中に鉄砂と火薬を詰めて点火、発射する火炎放射器。数mの距離しか届きませんが、敵を撹乱するには充分な威力を発揮します。


次へ突き進め!

  忍者大解剖!

まだまだ武器を大解剖

武器
まだまだあるぞ!忍者の兵器

これもチェック